ゴールドの特徴

ゴールドは非常に柔らかく、最も薄くのばすことができる金属であるため、その特性を活かし、ジュエリー以外にも金貨や金箔、金糸などにも使われる金属です。


ゴールドの種類

ゴールドは宝石と同じカラットで表します。

K24(ゴールド99.99%以上)
K18(ゴールド75%、割金25%)

K24では柔らかすぎるため、強度や硬度を与えるために他の金属を混ぜ合わせます。
それを「割金(わりがね)」と言います。
K18(18金)は24分の18(75%)だけ金を含んでいるという意味です。
割金をどんな金属を使用するかにより、全体の色も変わるため、ゴールドのジュエリーは素材の種類もたくさんあります。

また、K18の指輪は非常に硬く、それはプラチナの指輪よりも硬く、キズにもとても強くなります。

【一般的な割金の配合】
K18ホワイトゴールド・・・ゴールド75%とパラジウム、シルバー(銀)など。
K18ピンクゴールド・・・ゴールド75%と銅、シルバー(銀)など。
K18イエローゴールド・・・ゴールド75%とシルバー(銀)、銅など。

NONBODYは良質な割金を使用していますが、粗悪なジュエリーなどは、低品質の割金を使用し、変色や金属アレルギーなどの原因にもなっていると言われていますのでご注意ください。


トップに
戻る