プラチナ(Pt)の特徴

婚約指輪にもっともふさわしいとされているプラチナ。
プラチナはとても粘り強い金属で小さな爪できっちり石を抱えこむことができるので、大粒のダイヤモンドなどもしっかりと抱え込むことができます。
その粘り強さからデザイン性の高いジュエリーを作ることができるのです。


日本の結婚指輪の80%以上がプラチナ製

日本人の結婚指輪の80%以上がプラチナ製らしいです。
変色の心配もなく、白く清楚な輝きと熱やキズに強いのが、永遠の愛の象徴にふさわしいと思われているからでしょう。


プラチナの種類

プラチナは純度によって表記が違います。

pt999(プラチナ99.99999・・・%)
pt950(プラチナ95%、割金5%)
pt900(プラチナ90%、割金10%)
pt850(プラチナ85%、割金15%)

pt999は純度が高過ぎるためジュエリーとしては硬度が低くなります。
そのため日本国内のジュエリーで使用するのは、
pt900(プラチナ90%、割金10%)が最適と言われています。
割金(わりがね)とは、ジュエリー製作に適度な硬度にするために混ぜる金属のことです。


トップに
戻る